路上も一つの出会い。合流編2

こんにちは、「坊主の坊主による坊主のためのストリートナンパ」

初代、坊主ナンパ大統領、エイブラハム アカ~ン しゅうじです。

→ナンパで結果がでないのを坊主と言います。

内山 信二さん。かつてのデブタレントで一世を風靡しましたね。まさに坊主。

もう苦戦してます。

ストナンしているときにこんなの目に留まりました。

サルが海外から日本全国に入国しているんですか。

すごい、こりゃあ、日本が猿の惑星じゃなく、猿の列島になってしまうぞ。

サルはちゃんとパスポート持参で来るんですかね

えっ

よく見たら

よく見たら、猿じゃなく、ザルじゃないの?

コロナ対策の入国管理がずさんっていうことなんですね。

あ~びっくりした!

ところで本日はまた、合流させていただきました。

お相手はモロッコさん。

モロッコというと中心都市カサブランカのことが思い浮かびます。

『哀愁のカサブランカ』て郷ひろみさんの曲もありましたね。

抱きしめ~ると~、いつも君は~ (^^♪ ←ごきげんで歌うしゅうじ

古手川祐子も美人だし。しゅうじは小学生の頃は古手川祐子さんみたいな人が好みでした。清楚でほどよい色気がたまらんです。

ませたガキだったんで。

話は戻ります。

モロッコさんはストナンするために上京してきたものすごく向上心のある方です。

僕もストナン環境を求めて、都心に転居してきました。

やはり、地方都市ではターゲットになる女の子があまりいないですからね。

僕と話して、ローカルのナンパ場所について、トークが盛り上がりました。

やはり、ローカルはショッピングモールとかがナンパ場所に最適だということで意見が一致しました。

書店とか僕も今でも声掛けしてます。

獅子でおすすめのナンパ場所を僕が案内して、ゆるくお互いに声掛けしました。

結果はまた、坊主でした。

また、ごうりゅうしましょう。モロッコさん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です